忍者ブログ

オイストラフとコンドラシンのチャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」

2009.01.01 - チャイコフスキー


tchaiko

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」 イーゴリ・オイストラフ(Vn)コンドラシン指揮モスクワ・フィル


あけましておめでとうございます。
今年があなたにとっていい1年になりますように。


年の始めはチャイコフスキー。
オイストラフとコンドラシンによるもの。オイストラフはダヴィッドではなくイーゴリである。
ジャケットをよく見ないで買ったので、イーゴリだと気付いたときは、ちょっとのけぞったが、このヴァイオリニスト、けっこう好きである。
だいぶ前になるけれど、イーゴリがシャイー指揮ベルリン放送饗とやったブラームスを聴いたことがある。
FMで流されていたのをエアチェックしたのだ。速めのテンポでスマートに整えられたブラームスだった。ダヴィッドのような、スケールのたっぷりとした大きさや豊満感は少ないものの、そのぶん切れ味と勢いが勝ったヴァイオリンで、気に入っていた。
そういった演奏を聴いていたので、のけぞりつつも聴くのを楽しみにしていた。
この演奏はライヴであるし、速めのテンポをとっているため荒っぽいところがあるが、そのぶん、ここでも音楽はとても勢いのあるものになっている。
イーゴリのいいところは、ここをはっきりと鳴らせて欲しい、と思うところを、じゅうぶんに鳴らせてくれるところだ。
1楽章のカデンツァのあとに高音でむせび泣くシーン。ポルタメントを絶妙に効かせて、爽やかな甘さの漂ういーい音なのである。
終楽章のホントウのラストのところ。速いテンポだと、怒涛のオケにかき消されてしまうこともままある部分だが、イーゴリはキチンと、明瞭に響かせる。ここが決まればすべてヨシ。
かゆいところに手が届いて気持ちがいい。
イーゴリとワタシ、波長が合うのかもしれない。

1967年4月20日、東京での録音。

PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま 
明けましておめでとうございます(何度も、挨拶をさせていただいているかもしれませんが、おめでたいことは何度でも、爆~)

ダーヴィドではなく、イーゴリのチャイコフスキーですか
確か2人が競演しているCDを持っていたと思うのですが、チャイコフスキーは持っていません。

1楽章のカデンツの後は、フルートがメロディを演奏するところですよね。ロシアのヴァイオリンは、独特の歌い回しがあったように思います。噎び泣く、という表現がぴったりのような~
ダーヴィッドのソロは、オーマンディ師・フィラデルフィア盤で持っています。

ミ(`w´彡)
2009.01.01 Thu 14:02 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、おはようございます。 - 管理人:芳野達司

またまた、あけましておめでとうございます。

買ったときは父・オイストラフと思い込んでいました。イーゴリとわかっていたら、買わなかったかもしれません。
これは67年の来日公演なのですが、ダヴィドも一緒に来ています。バッハなどをなっていたようです。そちらがCD化されているのか、定かではないのですが。

ロシアのヴァイオリンの歌いまわし、ここぞとばかりに濃厚に響いています。
ダヴィッドは、オーマンディとの共演盤がありますね。昔に聴きましたが忘れてしまってます。ききくらべたら面白そうです。
2009.01.02 10:28
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー