忍者ブログ

ドラティ、デトロイト交響楽団、ストラヴィンスキー"春の祭典"

2018.09.29 - ストラヴィンスキー

ma




ドラティ指揮デトロイト交響楽団の演奏で、ストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴きました(1981年5月、デトロイト、ユナイテッド・アーティスツ・オーディトリアムでの録音)。

このCDはトリプル買い。最初は三大バレエのLP、次はCD出た当初の「ペトルーシカ」とのカップリング、そしてこれはやはり三大バレエのCD。なるべく同じ演奏は避けているものの、10年以上経つと忘れます。

このドラティ盤も発売当初は名演奏・名録音として名を馳せたもの。70年代から80年代は「ハルサイ」のインフレでもありました。
カラヤンのライヴやスイトナーほど、ド迫力で押したわけではない、フェドセーエフやスヴェトラーノフほどバーバリズムの匂いが濃いわけでもない。さりとて、ブーレーズ(クリーヴランドとの旧盤)ほどひんやりとした透徹さを貫いているわけでもない。
とてもバランスがよく、背筋のピンと伸びたスケールの大きい演奏だと感じます。

デトロイトの歯切れのいい響きは気持ちがいいし、録音は今もって鮮明。











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー