忍者ブログ

カラヤンのストラヴィンスキー「春の祭典」

2009.10.03 - ストラヴィンスキー

st

ストラヴィンスキー「春の祭典」 カラヤン指揮ベルリン・フィル


カラヤンのハルサイは1978年のライヴ。
思うに1978年頃は、カラヤンとベルリン・フィルのコンビの後期の最後の頂点だったのじゃないだろうか。
数多くのレコード録音をこなしたことは以前からなされていたが、カラヤンのやりたいことが満開に咲きみだれたのがこの時期だったように感じるのだ。
そういったことを思わずにいられない演奏が、三度目のベートーベン全集。流れるレガートの麗しさと、鮮明にピントが合った縦の線。このふたつが矛盾することなく両立しており、完成度はいつも高かった。
「春の祭典」の録音はたしかスタジオの二種が残されている。昔に新しいほうの録音を聴いた。細かいところは覚えていないが、パンチの弱いおとなしい演奏だったと記憶する。
それに比べると、今回聴いたライブはかなりの迫力がある。ことにオケのパワーが強烈だ。ありあまる性欲の放出を指揮者が抑え込もうとするのだが、勢いはやまず指の間から漏れ出てくるような感じ。
解釈は違うものの、方向性としてスマートなものを志向していると思われるが、いかんせんオケがスキあらば暴れる気まんまんなのでむしろ野性味が濃い演奏になっている。
弦楽、木管、金管といずれもテンションが高い。
ベルリン・フィルの弦の厚みは世界でも有数の、というかこれ以上はちょっと想像し難いくらいのものであるがこの演奏でもじゅうぶん発揮されている。艶やかでありこのうえなくゴージャス。木管も金管もいつも通りの技術の高さに加えて熱い血潮に溢れている。
あと特筆すべきはティンパニ。うまいし音がでかい。ことに「大地の踊り」における最後のおいこみの場面での叩きっぷりは鬼のようである。リズムはやや重いのだがティンパニの切れ味が鋭く興奮せずにはいられない。
ベルリン・フィルのパワーに圧倒される演奏である。

1978年8月31日、ルツェルンでのライヴ録音。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

最近、カラヤンのライヴ録音が続々と販売されていますね〜。版権の問題などがクリアできたのでしょうか?
1970年代後半から80年代にかけて、来日した公演で、ブラームス、R・シュトラウスなどを聴いたことを思いだしています。
同時期に来日したシカゴ響も凄かったですが、ベルリナーフィルハーモニカーも凄かったですね〜。カラヤンは目を閉じて指揮をするとか言われていたですが、ライヴでは、大きな見やすい指揮をしていたのを思いだしています。
カラヤンほどのレパートリーを誇った指揮者も希有でしょうね〜。指揮者の時代というのもあるのかもしれませんね。カラヤン、ショルティ、バーンスタイン、オーマンディ、ムラヴィンスキーなどなど、優れた指揮者が多かったですよね。

カラヤンの「春の祭典」も、ストラヴィンスキーの曲も聴いたことがありません。色々と聴いてみたいものですが〜。

ミ(`w´彡)
2009.10.04 Sun 18:43 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

いつもコメントをありがとうございます。

カラヤンのライヴ録音、いろいろ販売されていますね。従来のスタジオ録音とは一味違う、そんな期待が世界的にあるのかもしれません。
私は一度だけ生カラヤンを聴きました。悪評高い普門館でのブラームスでしたが、オーケストラのパワーを感じられる演奏でした。
しかしこの「春の祭典」はカラヤンらしくない演奏です。メータのライヴだったらこんな演奏だったかもしれないような。ミスは多いですがやたらと推進力のある演奏です。
2009.10.04 21:37
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー