忍者ブログ

シフ、シューマン"交響練習曲"

2016.08.28 - シューマン

ma


アンドラーシュ・シフのピアノで、シューマンの交響練習曲を聴く(1995年1月、オーストリア、シュロス・モンデシーでの録音)。


シューマンのこの曲には遺作の5曲があり、それらの扱いがピアニストによって異なるところが面白い。

遺作を入れていないのは、ルービンシュタインやポゴレリチ。まとめて入れているのはリヒテルやポリーニ。ばらして挿入しているのはアシュケナージ。順番を変えて入れているのはキーシン。
そして、5曲の遺作を、フィナーレの後に導入しているのが、このシフ。

このやり方は、遺作があたかも別の作品であるようで、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲における「大フーガ」を思い起こさせる。

だから、いつものように花火大会のような派手な終わり方をしない。煌めく星空のような余韻を残しつつ、消えるように終わる。
遺作の5番ほど、清冽で幻想的な音楽は、そうそうない。この世でもっとも好きな曲のひとつ。

これがフィナーレとなっているので、曲に対するイメージがガラッと変わる。衝撃的ですらある。










ma
 
屋根の上のパーティ。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 22
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー