忍者ブログ

ギュラ、シューマン"リーダークライスop.39"

2016.03.15 - シューマン

ma
 


ウェルナー・ギュラのテノール、ヤン・シュルツのピアノで、シューマン「リーダークライスop.39」を聴く。

夜の世界へいざないます。
ギュラはミュンヘン生まれのテノール。声が澄み切っていて美しい。ディースカウのような抑揚や表情の濃さはないものの、声そのものに深みがあり、まっすぐな歌いぶりがとても心地よい。ノーブルな歌声である。

op.39のリーダークライスはアイヒェンドルフの詩による。ハイネのop.24に比べると、落ち着いていて内省的。恋愛だけを扱ったものではなく、多様なテーマで書かれている。それぞれの詩に連関はないと思われる。シューベルトの「美しい水車小屋の娘」と「冬の旅」との関係みたいなもの、と言ったら穿ちすぎか。

1曲目では異郷をさすらう者の心情が瑞々しい声で歌いあげられ、心をわしづかみにされる。その後も、色調が妙に明るい幻想世界を、ギュラは弾力のある艶やかな声で柔らかに歌いきっている。不思議な音世界である。聴き終わると、儚い夢をみたあとのよう。

シュルツの硬質なピアノもいい。


2001年10月、ハーレムでの録音。




ma
 
一杯。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー