忍者ブログ

アシュケナージとセガルのシューマン「ピアノ協奏曲」

2008.03.30 - シューマン

shumann

シューマン ピアノ協奏曲 アシュケナージ(Pf) セガル指揮ロンドン交響楽団


ウルトラセブンの最終話に、シューマンのピアノ協奏曲が使われたことは有名だ。
2週に渡って放映された「史上最大の侵略」の後編であり、ダンがアンヌに自分がウルトラセブンであることを告白する場面で登場する。
今日、たまたま衛星テレビで放送されていたので再び観てみた。
告白する場面での1楽章の冒頭から、満身創痍のセブンがパンドンと戦うシーンで1楽章が断片的に流れ続け、最後にアイスラッガーでパンドンを倒すときに、1楽章が終わるという凝りようだ。
この最終回の監督は実相寺ではないけれど、この回を含めてセブンのシリーズは総じて大人が観るに耐えるような多様な作り方をしていて、宇宙人をやっつけるエクスタシーだけでなく、様々なことを考えさせられる。


アシュケナージのピアノはいつも通り透明で粒の立った音色だ。
この音色だけでも聴く価値がある。シューマンのしっとりとした情感を自然にあらわしていて、淀みがない。
セガルが指揮する端正でみずみずしいオケがアシュケナージの音色に実によく合う。スケールの大きさはないけれど、両者ともはじけるような張りに満ちた演奏だ。
さほど評判のよい録音ではないけれど、この曲の捨てがたい演奏のひとつだと思う。

1977年6月、ロンドンでの録音。
PR
   Comment(3)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます

ウルトラセブン 見ていません、爆~
ウルトラマンの頃はリアルで観ていたんですが、爆~。
最近のウルトラマン・シリーズですか、難しい内容になっていると聞いたことがあるんですが~。
どうなんでしょう?

シューマン、この演奏、まったく聞いたこともありません。アシュケナージは、ピアニストとしては、決して嫌いな方ではありません。といっても、ラフマニノフの2番のコンチェルト、ベトベンとモツアルトのピアノと木管のための五重奏曲くらいしかもっていません。

そういや、リヒテルのシューマンもまだ聞いていません。リヒテルは興味が出てきまして、ハイドンのソナタ、リヒテル・ボックスも買ってしまいました、爆~
そのうち、ブログで取り上げると思います~。

ミ(`w´)彡 
2008.03.31 Mon 05:50 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

ウルトラセブンはいまだにけっこう好きでして、DVDもいくつか持っています。
最終回では、シューマンのピアノ協奏曲が鳴らされて、すばらしい効果をあげています。
全編に渡って、アンヌ隊員が可愛らしくていいのですよ。

アシュケナージのシューマンを軟派だとすると、リヒテルのは硬派です。
思いつきなのですが。
軟派なシューマンもいいものです。
アシュケナージのよいところは、音は澄んでいて丸みがあるところです。それがこの演奏でもじゅうぶんに聴くことができます。
アマゾンのレビューではさんざんですが、ボクはこの演奏、いいと思います。
2008.04.01 21:58

無題 - 木曽のあばら屋

こんにちは。
ウルトラセブンの最終回で使われたのは
リパッティ/カラヤンの1948年録音盤です。
緊張感あふれる名演奏なればこそ
あの不滅の最終回に華を添えられたのでしょう。
2008.03.31 Mon 18:27 URL [ Edit ]

Re:木曽のあばら屋さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

リパッティ/カラヤン…噂ではこの演奏だときいたことがありますが、やはり本当だったのですね。
この演奏、ずいぶん昔に聴いて以来ご無沙汰していて、どういう演奏だか思い出せないといいたいところですが、セブンで聴きました(笑)。
冒頭が鳴らされるシーンは、アンヌが大げさにオドロクところで、クサイといえばそうかもしれませんが、個人的には音楽も含めて実にすばらしいと思います。
映像抜きで、リパッティの演奏を聴いてみたいところです。
2008.04.01 22:03

無題 - bitoku

吉田さん、こんばんは。

ウルトラセブンの最終回は今でも覚えています。
子供の頃、”ウルトラセブン”や”巨人の星”を見た事でその後の人格形成(破壊?)に大きく影響があったような気がします。

アンヌ隊員にダンが”僕はウルトラセブンなんだ”と告白したところはドラマチックで、この曲がピッタリでした。子供ながらにこの最終回は流石に緊張して見ていました。

因みにセブンの冒頭の主題歌の前奏もホーンがちょっとワーグナー風で(?)カッチョイイ♪

シューマンのピアノ・コンチェルトはリッパティ&カラヤン盤位しか聴いたことがないです。

最近はちょっとモタレる感じなのであまり聴かないです。この曲。
この記事を見て久しぶりに聴いてみようかと思いました。
2008.04.01 Tue 00:13 URL [ Edit ]

Re:bitokuさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

ウルトラセブンの最終回は、なんだかんだといって年に一度くらい観ています。セブンの最後の力を振り絞った戦いはすばらしいし、アンヌがまたいいのですよ。
巨人の星もいいですねえ(遠い目)。
”僕はウルトラセブンなんだ”のシーン、リアルでは観ていないのですが、後に再放送やらビデオで観ました。大人でも観るに耐えますね!

セブンのテーマの冒頭のホルンは、元N饗首席の千葉馨が吹いていて、男声で歌われる「セブン~」の2番目だか3番目のヒトが尾崎紀代彦だという話を聞いたことがあります。
本当だとしたら、リパッティ、千葉、尾崎と、錚々たるメンバーです。
2008.04.01 22:11
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー