忍者ブログ

クァルテット・エクセルシオ 演奏会

2016.06.20 - 演奏会

ma



クァルテット・エクセルシオのベートーヴェン・チクルス最終日に行く(2016年6月18日、東京、サントリー・ホール、ブルーローズ)。


弦楽四重奏曲3番
弦楽四重奏曲8番「ラズモフスキー2番」
弦楽四重奏曲15番


どれも好きな曲なので、大いに期待。
エクセルシオは中庸の美を目指していたように感じた。どの楽章も奇をてらわないテンポと、極めてまっとうなニュアンス付けを実施しており、安心して聴くことができた。
王道と言えるアプローチ。
もっとも、ベートーヴェンの、特に後期の曲に対して大胆な解釈を施す団体は少なくて、知る限りではハーゲン四重奏団くらいだが。

3番は初期の中でも、もっともコケテッシュな音楽。第1ヴァイオリンはもっとハジけてもいいのじゃないかと思うほど、地に足をつけた弾き振り。

8番はラズモフスキーのなかで不思議と曲線的、中年男の気持ちの含みが漂う。そういったフォームが面白い曲。
だから、少し引っかかるような演奏が好みではあるが、ここもエクセルシオはど真ん中ストレート。脂臭さを丁寧に取り除き、洗練した音楽を提示した。


ma



最後の15番を演奏するために壇上に登ったとき、さすがに第1ヴァイオリン奏者の表情がいささか引きつっていた。3楽章の「病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」への備えだろう。当該箇所は、ふたつのヴァイオリンによって、宗教的なまでに慎重に奏でられた。
終楽章の、あたかも鋼鉄の意志をもったメロディーが、4つの楽器によって弾かれると、なるほどこれがチクルスの最後に置かれたのは、実にふさわしいと感じないわけにいかなかった。

ベートーヴェンの後期を堂々と弾ききった彼女らの演奏は、清々しかった。


西野ゆか(第1ヴァイオリン)
山田百子(第2ヴァイオリン)
吉田有紀子(ヴィオラ)
大友肇(チェロ)







ma
 
春。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー