忍者ブログ

カラヤン、ウィーン・フィル、"ドン・カルロ"

2019.05.25 - ヴェルディ

ma



カラヤン指揮ウィーン・フィル他の演奏で、ヴェルディの「ドン・カルロ」を聴きました(1958年、ザルツブルクでのライヴ録音)。

イタリア語、4幕版。CD2枚に収まっているのは珍しい。カットがあると思われます。

先日に聴いたサンティーニのDG盤と比較すると、テンポはこちらがゆっくり目。ライヴならではの生々しい感興がある。
注目していたシミオナートのエボリは、野趣と仄かな色香が漂っていて素敵。エリザベッタは可憐。カルロは力強く輝かしく、ロドリーゴはいくぶん抑え気味かな。
フィリポと裁判官の二重唱は沈鬱な空気を醸し出しており、思わず姿勢を正されます。
オーケストラは豪壮。痒いところに手が届くみたいな。これだけ鳴らしても声がかき消されないのは、機械的に調整しているのかもしれない。


ドン・カルロ/フェルナンディ(T)
ロドリーゴ/バスティアニーニ(Br)
エリザベッタ/ステファノーニ (S)
エボリ公女/シミオナート(MS)
フィリポ2世/シエピ(Bs)
宗教裁判長/ザッカリア(Bs)、他










PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー