忍者ブログ

レヴァイン/フィラデルフィア、マーラー交響曲9番

2015.09.02 - マーラー

ma
 

レヴァイン指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏で、マーラーの交響曲9番を聴く。

これは凄い演奏。
先月に聴いたシノーポリ/フィルハーモニア管弦楽団はかなり面白かったが、それに比肩する。

聴く前は、明るくて軽い、スポーティな演奏かと思っていたが、裏切られた。衝撃的なまでに。
響きそのものは明るいのだが、音の圧力が凄い。肩の力が入りまくっている。

タイムでみるとテンポはかなり遅め。全曲で91分強だから、演奏の歴史上トップクラスの遅さ。けれども、もたれない。というのは、全ての楽器が強く弾いていて、なおかつリズム感がいいからだろう。なかでも、終楽章の遅さが顕著。
今まで聴いたことがあるなかで、遅いと感じた演奏をあげてみる。

テンシュテット/ロンドン(セッション) 25:31
バーンスタイン/ベルリン 26:12
バーンスタイン/コンセルトヘボウ 29:34
カラヤン/ベルリン(ライヴ) 26:49
アバド/ベルリン 25:56
ドラティ/ベルリン・ドイツ 26:46

ジュリーニ/シカゴは1楽章は遅いものの、終楽章はわりと普通なのであることを改めて知った。ワルター、クーベリック、アンチェル、バルビローリは、もちろん速め。

レヴァインは、29:50。これはトップクラス(30分超にはシノーポリ/ドレスデンがあるが未聴)。

音楽に意味を求めてはいけないが、不思議な思惑があるような、遅さなのである。深みを追って遅くしているわけではなく、または音を明瞭に聴かせるための音でもないような感じ。なんなのだろう、これは。

もともとこの曲はヴァイオリンを始めとする弦楽器がおおいに活躍する音楽であるが、いたるところで弦が悲鳴をあげている。両端楽章はもちろん、2楽章でも3楽章でも。どうしてここまで強く弾くのか、と思うほど。響きの強さに録音が追いつかない。ひび割れる箇所がいくつもある。かつて、こんなフィラデルフィア管弦楽団の演奏があったのかな?
悲鳴ばかりじゃない。あるときはこってりとポルタメントを効かせて甘くしている。一瞬、時代を忘れる。もしかするとこれは、これはレヴァインよりも、オーケストラの趣向ではないかと推測する。
録音年は1979年。マーラーの演奏の伝統を知っていて、戦中にヨーロッパからアメリカに移住した奏者が、まだたくさんいる時代ではないか。当然、フィラデルフィアにいないわけはない。

編成はおそらくヴァイオリンの対抗配置によるもののようだ。シノーポリほどはっきりしない。右から、うなりをあげて迫りくる弦は、第2ヴァイオリンだろう。

中間楽章においての、トロンボーンの重低音とティンパニは、想像できる限り最大の音量で楔を打ちつける。溜飲が下がる。このあたりも聴きどころ。

全体を通じて、音響的な奥深さを炸裂させた演奏。これだけやられれば、グウの音も出ない。


1979年、フィラデルフィア、スコティッシュ・ライト・カテドラルでの録音。



ma
 
休憩。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!







PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

こんにちは… - rudolf2006

芳野さま こんにちは…

お久し振りです
「カラマーゾフ」 読了ですね
小生はもう無理です… いつも途中で断念です、爆

レヴァインはまだまだレコード業界に勢いがあった頃に活躍していたこと、これが大きかったかもしれませんね
その頃に フィラデルフィアで全集を作ってくれていたら〜と思います

この記事に触発されて、今聴いています
オケがやはり上手いですね
プロデューサーもプロ意識を持った方々がまだおられた時代かもしれませんね、ホールで聴く音と「ステレオ」で聴く音は別と考えられておられたかもしれませんね

ある声部の強調はレヴァインの指示ではないかなと思ったりも…  健康的な「デカダンス」のように感じました
1楽章 長く感じませんね…
不思議です…
音楽も時代に影響されますね、当たり前のことかもしれません、時代に生きるしかないのですよね

ミ(`w´彡)
2015.09.04 Fri 11:38 URL [ Edit ]

こんにちは! - 管理人:芳野達司

rudolf2006さん
毎日読ませて頂いているので、久しぶりという感じはないのですよ。
「カママーゾフ」、学生時代に読んだ新潮文庫では3冊なのですが、この光文社では4冊になってまして。。あと1冊、それが一番分厚い(-_-;)
いい作品だとは思いますが、登場人物のセリフがことごとく長いのに難儀しています。

レヴァインがフィラデルフィアで全集を作ってくれていたらと思いますね。きっと、とてもレヴェルの高いマーラーになっていたことでしょう。
彼はメトロポリタンではヴァイオリンの対抗配置を採用していて、このフィラデルフィアでもやりたかったらしいのですが、オケの見識で(これは推測です)ストコフスキースタイルをとり、マイクの按配で対抗配置にしたという話を聴きました。
なので、ちょっと聴いただけでは、第2ヴァイオリンが右にいることがわかりづらかった。
マーラーの時代は対抗配置を念頭において作曲したのでしょうが、ストコフスキースタイルは、やはり捨てがたいと思うのです。
右からズシンとくる低弦の魅力は、かけがいがないものかな、と。
とはいえ、やはり善し悪しは演奏内容ですけれども。
2015.09.04 21:12
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー