忍者ブログ

"転職リポート(その2)"、シトコヴェツキ、ベートーヴェン"ヴァイオリン協奏曲"

2012.08.28 - ベートーヴェン

bee

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 シトコヴェツキ(Vn) マリナー指揮 アカデミー




前回から2ヶ月あまり経ってしまったが、以下、転職状況の報告である。

インテリジェンス
 書類選考落ち ・・・ 26社
リクナビ
 書類選考落ち ・・・ 3社
リクルート・エージェント
 書類選考落ち ・・・ 16社
マイナビ
 書類選考落ち ・・・ 1社
 二次面接通過、採否待ち ・・・ 1社
 書類選考通過、一次面接待ち ・・・ 1社
 書類選考中  ・・・ 1社

5年前はインテリジェンスに応募し、4社中2社から内定をもらい、そのうちの1社に就業した。
そのときと比べると、転職はかなり厳しいものになっていると言わざるをない。
原因は、2008年のリーマンショックもさることながら、年齢だろう。景気も悪くなったし、自身も齢を取った。

新卒の就職率が悪いと今朝の新聞に載っていたが、それとはまた違う意味での困難があるのだ。





音楽はベートーヴェン。残暑の厳しい日にふさわしい音楽ではあるまい。
でも、退屈なまでにまったりとした音楽に身を任せていると、不思議に時を忘れる。時を忘れることがいいことなのかどうかは別だけど、まあ悪い感じではない。

シトコヴェツキのベートーヴェンは、昔実演で聴いたことがある。モーストリー・モーツァルトのオーケストラとの共演であった。
そのときは、大きな体をしているわりには、細くて繊細なヴァイオリンを弾く人だとの印象があった。
このCDでも、それは変わらない。絹糸のような線がピシッと全曲を貫いている。曲がなにしろ大柄だから、そういうヴァイオリンはちょっとたよりないこともないのだけど、キレイなことはキレイ。

対してオーケストラは、けっこう厚い。鋭角的に切れ込んでくる。弦のキザミやティンパニの叩きは激しく、室内楽団であることを忘れてしまうくらい。
この演奏は、ヴァイオリンよりむしろ、気合いの入ったマリナーの指揮を愉しむのにふさわしいかもしれない。


録音時期不明(コピーライトは1993年)。







PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

こんにちは〜 - rudolf2006

ポンコツスクーターさま こんにちは〜

残暑厳しいですね;; 毎年かもしれませんが〜
転職活動、この「不景気」感の中では難しいかもしれませんね〜

「退屈なまでまったりとした」音楽
本当にその通りですね、このヴァイオリンコンチェルトは、繰り返しがずっと続きますから〜
珍しい演奏を探してこられますよね〜

お身体をご自愛くださいね
ミ(`w´彡)
2012.08.30 Thu 11:22 URL [ Edit ]

こんにちは - 管理人:芳野達司

残暑厳しいですね。
この時期にスーツを着て面接に行くことは苦難以外のなにものでもありません。

シトコヴェツキは20年くらい前に生で聴いて以来、気にしています。
あまり録音は多くないようですが、たまたまこれを見つけたので入手しました。
とはいえ、このCDではマリナーの指揮が聴きどころですね。
2012.08.31 07:02
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23
26 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:source For Article
-03/28(Tue) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:o guia da reconquista perfeita baixar
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:curso vendedor online
-03/27(Mon) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://psy.hnue.edu.vn
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:o guia da reconquista perfeita pdf
-03/27(Mon) -
カテゴリー