忍者ブログ

ブレンデル、ラトル、"皇帝"

2016.12.03 - ベートーヴェン
ma



ブレンデルのピアノ、ラトル指揮ウイーン・フィルの演奏で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲5番「皇帝」を聴く(1998年2月、ウイーン、ムジークフェラインザールでの録音)。

これはしなやかで、落ち着きのある演奏。
さきに聴いた4番は、1997年12月の録音なので、これは約3ヵ月後のもの。連続で演奏されなかったところから、じっくりと時間をかけてベートーヴェンに挑もうという心意気を感じる。

出だしから、オーケストラもピアノもたっぷりと厚みがある。テンポは中くらいからやや遅いくらい。威風堂々としている。
1番の演奏では、ラトルはピリオドの味付けをしていたが、この「皇帝」(3番,4番もそうだったか)ではモダンなスタイルで通している。ヴァイオリンは対抗配置みたい。

ブレンデルのピアノは、特段、綺麗というふうではないけれど、ソロの場面で微細な味付けを丁寧に施していて、聴きごたえがある。

全体を通じては、大きく変わったことをしたふうには聴こえない、ケレン味のない演奏。目隠しされたら、誰の演奏か、わからないかもしれない。
安心して身を任せられる半面、驚きはない演奏である。そういう演奏もいい。





ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー