忍者ブログ

ムーティのベルリオーズ「幻想交響曲」

2010.08.08 - ベルリオーズ
   
be
 
リッカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団


今年の夏休みは、カミさんの要望で上高地へ。
ここは自動車の乗り入れ規制が厳しいという話をきいていたので、事前に交通手段を調べるのが億劫になり、バスツアーに挑戦してみた。軽井沢、上田、そして上高地へ行くコースである。
子供の頃は親に連れられて何度か行った記憶がうっすらあるが、自主的に参加するのは初めて。騒々しい団体のオバサンや酔っ払ってバスを止めるオトッツァンのイメージが強かったので、いままで避けていたのだ。
果たして、行ってみるとよかった。こんなに気楽なものだったとは。
椅子に腰かければ、なにも考えずに目的地へ連れて行ってくれる。同じツアーのメンバーはみんなおとなしいし、若くてきれいな女性は多いし、添乗員はわりと感じがよかったし、これ以上なにかを望んだらバチがあたるのじゃないかと思うくらいだ。


ka
 
ストロベリー・ジャムが有名な店。旧軽井沢にはこういった小洒落た店が多いみたい。


ka
 
これも有名らしいパン屋。評判のパンは品切れだった。


ka
 
オシャレな街の有料トイレはどんなに豪華かと期待したが、ウォシュレットもついていないごく普通のものだった。


暑いときには辛い食べ物というが、音楽はこってりしたものをひとつ。

ムーティの「幻想」は、ある意味突出した演奏だ。
すばらしいのは、金管楽器と打楽器の音。バリバリとパンチの効いた鳴りっぷり。ただのバリバリなら、そのへんのオケでもできるが、音の艶さかさとキメの細かさは群を抜いている。ティンパニと金管の溶け合った音は、皮のあたたかさと金属の冷たさとが高度に融合されていて、そのなかからかすかな暴虐がキラリと光るのだ。これだけでムーティ盤を聴く価値はじゅうぶんにある。
ムーティの指揮からベルリオーズの霊感を感じることは少ないが、オーケストラのサウンドを楽しむのにこれ以上のものはなかなかないだろう。


1984年11月3,5日、フィラデルフィア、メモリアル・ホールでの録音。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます〜
コメントが遅めになっております、爆〜
しかも、好きな演奏ばかりで〜

ニーチェ 高校時代に読んでからは大学で読んで、それ以降ほとんど読んでいないですね〜 昔読んだ本をそろそろ読み返そうかと思っていますが、なかなか〜です、爆〜

上高地のバス旅行 良いですね〜
役者の後援会のバスツアーに一度だけ参加しましたが、オッチャンは浮きます、爆〜
上高地は中学、高校の修学旅行で行った記憶がありますが、もうどこを回ったのか忘れてしまっています。

ムーティの「幻想」凄い演奏ですよね
吉田さんがコメントに書いてくださったので、早速探してみると、アマゾンで600円ほどで売っていたので、即注文しましたよ、爆〜
聴いて驚きました、これは凄い演奏ですね
打楽器と金管、ゾクゾクきますね〜
それと、あの長い曲、繰り返しもやっていて驚きました〜 ムーティのことですから、二回演奏させたのではないかと思いますが〜 オケのメンバーは「ええええ;;;」と思ったでしょうね〜

(*´ω`*)
2010.08.11 Wed 08:51 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、おはようございます。 - 管理人:芳野達司

最近、地元の本屋には「お手軽」ニーチェ本がたくさん置いてあります。それで一冊買ってみました。あれはニーチェというよりは、解説者の考えを読むもののようです。

バスツアー、初めて参加しましたが、なにも考えずに目的地に連れて行ってくれる気軽さがよいですね。上高地もやはり暑かったです。気温は25度くらいとはいえ、直射日光がキツいものがありました。でもいいところです。

ムーティの「幻想」、パンチの効いたいい演奏です。おおアマゾンは安い!
ところで最近、フィラデルフィアのCDをいくつか購入しました。オーマンディとサヴァリッシュとプレヴィンです。このオケ、おいしいですねえ。
2010.08.11 09:23

無題 - Yuniko

ムーティの「幻想」も、いっとき熱中して聴きました。本当にフィラデルフィア管の実力全開!!と言った感じの演奏でした。第4楽章「断頭台への行進」のトランペット奏でるマーチの裏で鳴り渡っているトロンボーンの凶悪な響きがすごく印象的でした。ただ「断頭台への行進」の反復は「やらずもがな」という感じで、すこしダレました。
ムーティの「幻想」を愛聴していたのは大学時代でしたが、「クラシックなんか興味ない」と公言していたサークルの女性の先輩がなぜかこの演奏を気に入り、「ねえねえYunikoクン、このCD貸して!録音したい!」と懇願の末に借りていき、カセットテープに録音して聴きまくっていたということがありました。
2011.09.28 Wed 23:15 [ Edit ]

Re:Yunikoさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントをありがとうございます。

ムーティの「幻想」を初めて聴いたのは、図書館で借りたLPででした。
フィラデルフィアの豪華でドスのきいた音にやられました。
それは最近にCDで聴いても、色あせないものだと実感しましたね。いい音を出しています。
最近、ムーティとフィラデルフィアの演奏に、ちょっとハマっているんです。今日は「展覧会の絵」を入手しました。楽しみです。
2011.10.01 18:43
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー