忍者ブログ

ニコラーエワのバッハ「ゴルトベルク変奏曲」

2008.04.19 - バッハ

Bach

バッハ「ゴルトベルク変奏曲」 タチアナ・ニコラーエワ(Pf)

内田樹の「街場の現代思想」を読む。
このデフレの世の中で、給料が下がっていく中でモチベーションをあげるのは可能かというテーマに対し、筆者はハッキリと「NO」と言う。
給料が下がって覇気のないオジサンたちは縮小再生産プロセスに入り込んでしまっており、「その人々がもう一度モチベーションを回復し、ばりばり仕事に打ち込むようになる可能性は、オランダやスペインが「世界帝国」にカムバックする可能性と同率くらいに低い」らしい。
モチベーションは待遇とリンクするけど、そこまでストレートではない気がするが…。
どこかに道があるのじゃないかと楽観的に思いたいものだ。


そこで(というわけでもないけど)「ゴルトベルク」を聴く。
ニコラーエワ最晩年の録音。
冒頭を聴いて、ひとつの音を奏でるために細心の注意を払っているかを窺うことができる。かといって神経質ではなくむしろおおらかなピアノである。重心を低くとり、ゆったりとしたテンポの悠々たる音楽である。
ニコラーエワが最新であろうスタインウェイを駆使してバッハに挑むのは、現代に生きる人間が現代の環境で挑戦するべきと考えてのことと察するが、これはピアノで演奏されたものの中でも有力な録音のひとつだと思う。
ピアノの厚くて澄んだ音色を聴くだけでこのCDを聴く価値がある。装飾音は控えめであり、基本の旋律を、ひとつもおろそかにせず大事に大事に弾き紡いでゆく。
各主題ともテンポがゆっくりなものだから、地平線が見える広大な平野のごとく見晴らしがいい。
「ゴルトベルク」を録音するくらいのソリストであれば、時折変化したり濃い味付けをするものだが、ニコラーエワのピアノにケレン味はない。落ち着き払った実直さがある。

1992年1月の録音。
PR
   Comment(5)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - sweetbrier

こんにちは!
ニコラーエワのバッハ、吉田さんがリンクしておられるサイトにてHyperionの「フーガの技法」を試聴しました。この人の演奏は、初めて聴きました。

ウェブサイトの試聴用音源ですが、私の耳には静謐な空間にひろがりゆく音と、もはやなにも動じることはない、ただピアノに向かうのみ、というニコラーエワ像が浮かびました。なんだかすごいかも!と、思わず出てきてしまいました。
夜、1人で本を読むときにそっと流しておきたい演奏でした。本と音楽のあいだを行ったり来たりするのって、なかなかいいものです。
2008.04.19 Sat 18:38 URL [ Edit ]

Re:sweetbrierさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。
ニコラーエワは晩年、Hyperionでバッハを録音しているようですね。
このヒト、昔から名前は知っているのですが、まともにきいたことはありませんでした。

>私の耳には静謐な空間にひろがりゆく音と、もはやなにも動じることはない、ただピアノに向かうのみ、というニコラーエワ像が浮かびました。

そうなんです。ニコラーエワの落ち着き払った演奏は、すごみがあるのですよ。ピアノで弾くバッハのひとつの極北的演奏のような気がしました。
今も聴きながらこれを書いていますが、いやーしみます。
2008.04.20 17:27

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

確かに、色々な面でお金がかかる割に、ペイは上がらない状態が続いていますよね。今こそ、労働組合の出番だと思いますが、御用組合ばかりで;;
どちらかというと、労働者にきつい世の中になってきている感じがしますし、資本の再分配が行われていないような気もしますね~。色々な業界で実際には競争が行われなくなってきているようにも思います~。難しいですよね~。大阪は沖縄に次いで失業率が高いんですよ~、爆~ お上が緊縮財政を取れば、ますます不景気になるでしょうね~
長々と書いてしまいました、(^^;)

「ゴルトベルク」ですが、ようやく、グールド盤を聴き始めているところです。周回遅れのような状態です。平均律も最近ようやくです。
最近はバッハと新ヴィーン楽派です、爆~

ミ(`w´)彡 

2008.04.19 Sat 22:58 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

労働組合の出番ですよ。じっさいかかわったことはないのですが、今は労働者の危機的状況なのではないかと思います。なんて他人事ではないのですが。
仕事は楽しいと思うことが、最近めっきり減りました。体力的なものも原因かもしれません。
モチベーションがあがらないのは、待遇面も大きいですが、それだけではないなにかがあると思うのですよ。

「ゴルトベルク」、私もグールド盤は今も第一に押したい演奏です。しいて言えば、新盤が好きです。
ニコラーエワの演奏も気に入りました。グールドが「動」なら彼女のは「静」、どちらもピアノという楽器を知り尽くした演奏じゃないかと思います。
2008.04.20 17:32

無題 - bitoku

吉田さん

おはようございます。

ニコラーエワのゴールドベルクは旧盤(?)のメロディアのビクター国内盤だけしか聴いたことがありません。

これは1992年の最新録音ですか。ニコラーエワはこの頃もまだ存命だったのですね。

吉田さんのレビューだと高評価のように思いました。
”これはグールド盤に影響を受けていないダークホースに成り得る盤かも知れないと思いました。

是非、聴いてみたいですね。いや聴かにゅあ~イカン録音かも知れない。(笑)
2008.04.20 Sun 08:07 URL [ Edit ]

Re:bitokuさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

ニコラーエワの旧盤は聴いたことがありません。なにしろ、このピアニストをまともに聴いたのは今回が初めてのような記憶です。
ニコラーエワは1993年に逝去しています。だから、この演奏は最晩年ということになると思いますが、テクニックはじつに安定しています。

>これはグールド盤に影響を受けていないダークホースに成り得る盤かも知れないと思いました。

これはオススメです。ニコラーエワの重厚で広がりのある音は、まさに最先端の現代ピアノですが、ピアニシモに透明感と深みがあって、グールドとはスタイルが違えど、同じくらいの高みにある演奏だと思います。
2008.04.20 17:39

無題 - snama

彼女の同曲はスタジオ以外にザルツブルク音楽祭のライブがあって、ぐんと集中していく感じがあってこれもいいですよ。
2011.01.17 Mon 01:15 [ Edit ]

Re:snamaさん、はじめまして - 管理人:芳野達司

ザルツブルク音楽祭のライヴ演奏は知りませんでした。お教えありがとうございます。探してみますね。
2011.01.17 12:51

無題 - snama

ニコライエーワおばあさんのふぁんでして、実は山ほど持ってます。平均率もフーガの技法も24の前奏曲もゴルトベルクもチャイコンも2つづつ。ベーやんの全集もあります。こないだロシアからメトネルのコンチェルトを手に入れてうれしかった。

さて、どこかで彼女はシフを教えたことがあると聞いたことがあります。確かに対位法の描き分け方と歌に満ちているという点で、似ていますよね。シフのほうがかなり歌よりではありますが。(シフのバッハもいいですよ。)
2011.02.21 Mon 22:46 [ Edit ]

snamaさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

ニコライエワさんのCD、たくさん持っておられるのですね。特にベートーヴェンが気になります。ワタシはゴルトベルク以外はほとんど聴いたことがないくせに、えらそうに感想を書いてしまいました!

シフを教えたことがあるのですか。彼は一度生で聴きました。ヤナーチェクのソナタと「ハンマークラヴィーア」を弾いた日でした。けっこう崩すんですよね。確かに歌よりであり、いい演奏だったと記憶します。
2011.02.23 22:22
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー