忍者ブログ

"柔らかい発想"、ギレリス、チャイコフスキー"1番"

2012.09.08 - チャイコフスキー

tch

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 ギレリス(Pf) ライナー指揮シカゴ交響楽団


大前研一の「柔らかい発想」を読む。
人間社会とはなんだろう。本書はそんな疑問に答えてくれる。

「私は世の中には能力差があるだけだと思っている。足が速い人がいれば遅い人もいる。会話の不自由な人もいればそうでない人もいる。人それぞれ能力が違うだけである。社会というのは、そういういろいろな能力の違う人々の集まりなのだ」。

優しいじゃあないか、オーケン。








ギレリスのチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」を聴く。

全体的に速めのテンポでもって進んでゆく。ライナーが煽る場面がいくつかあるが、ギレリスはどんな速いパッセージにも軽々とついていく。いわゆる「鋼鉄のピアニスト」といわれた頃の録音であり、技術的には脂が乗り切っている。技術に不安なし。
2楽章のフルートの独奏では、ターラーララー、と音を上げている。上げるのか下げるのか、ここは諸説あるようだが、上げるのはわりと珍しいんじゃないかな。

ラストは怒涛の追い込みは、アルゲリッチ/コンドラシンや、ホロヴィッツ/トスカニーニと比肩するものだ。いや、これが頭ひとつ抜けているかも。
オーケストラのボルテージの高さにおいては、今まで聴いた中で、たぶんこれが最強。


1955年10月の録音。






PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー