忍者ブログ

バーンスタイン、"火の鳥"1919年版

2015.03.12 - ストラヴィンスキー





バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏で、ストラヴィンスキーの「火の鳥」組曲1919年版を聴く。

バーンスタインとニューヨーク・フィルの演奏を、ここ数年けっこう聴いている。シンフォニー・エディションに加え、管弦楽/協奏曲の全集も最近に入手し、さかんに聴いている。
それらを聴いて思うに、このコンビの50年代後半から60年代前半の演奏は素晴らしいうえに、録音も優れているということだ。
この「火の鳥」もそう。演奏のクオリティは、評価がとても高い同じCBSのブーレーズにひけを取らないし、録音も極めて優れている。

何度かこの欄で書いているが、バレエ音楽は全曲を聴くに限る。この「火の鳥」もそうだ。なにかに追い立てられているような焦燥感を伴って「カスチェイの凶悪な踊り」に突入するくだりは、全曲でなければ味わえないものだ。ただ、バーンスタインは私の知る限り、全曲は録音していない。ないものねだりはやめよう。

この組曲は、ストラヴィンスキーが自ら手を入れているので完成度は高い。選曲はいいし、流れも抜群だ。
バーンスタインは、見事な管弦楽法を最大限に生かした演奏をしている。とてもパワフルで、奥深い。組曲の録音としてはトップクラスに入るだろう。

何度も言うが、この録音の鮮明さはなんなのだろう。ロケーションがいいのか、技術者の腕がいいのか。


1957年1月、ニューヨーク、ブルックリン、セント・ジョージ・ホテルでのヴ録音。




おでんとツイッターやってます!




ma


さらば日本。








本を出しました。
お目汚しですが、よかったらお読みになってください。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー