忍者ブログ

高関健、東京シティ・フィル定期演奏会

2018.02.18 - 演奏会

ma



高関健の指揮による東京シティ・フィルの演奏会に足を運びました(2018年2月17日、オペラシティ、コンサートホール大ホールにて)。


ベートーヴェン ピアノ協奏曲4番
ラヴェル 「スペイン狂詩曲」、「高雅で感傷的なワルツ」、「ラ・ヴァルス」



高関さんは日本で最も好きな指揮者のひとり。といいつつ、聴くのは一昨年の「ファウストの劫罰」以来。あれは名演だったから、今日もどんな音楽を聴かせてくれるのか楽しみでした。

結果、落ち着いたトーンでありながら峻厳な前半と、打ち上げ花火のような後半とのコントラストが明快なコンサート。とくに、ラヴェルにおいては、高関さんの名刀の切れ味が光りました。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲4番のソリストはキルシュネライトさん。キーンと張り詰めた透明度の高い音でもって、メリハリのある音楽を作ってるいました。強弱の按配は有機的であり、不自然さは微塵も感じなかった。
オーケストラは2楽章が面白かった。短く刈り込んだ弦に凄味がありました。
とてもいい演奏でした。

乱暴に言ってしまうと、ラヴェルの3曲はオーケストレーションが同じようなものだから、感触がよく似ています。下手をすると飽きてしまう。差異を浮き彫りにするのは、なかなか厄介だと思料。
なかでは、「スペイン狂詩曲」が最も優れていたように感じます。指揮者の卓抜な捌きにより、管弦楽のパースペクティブがクッキリと鮮明になり、まさに音の大伽藍とも言うべき世界を構築していました。ときわけ、グラン・カッサのドスの効いた音は印象的。

編成は、ヴァイオリンの対抗配置。









ma
 
パースのビッグムーン。


















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
4 5 6 7
9 10 13 14 15
18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー