忍者ブログ

"菜根譚"、ショルティ、"さまよえるオランダ人"

2012.10.24 - ワーグナー

so

ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 ショルティ指揮シカゴ交響楽団



洪自誠(守屋洋訳)の「菜根譚」を読む。

解説によれば、菜根譚は儒教の影響が強いものの、アンチテーゼ的な道教の影響も無視できないと言っているが、中身は説教くさく、やはり儒教が強いんじゃないかという印象だ。
さまざまな実業家たちが絶賛する本書だが、内容は「どうしたらうまく世の中を立ちまわれるか」ということだ。いわゆる処世術の教えである。
ただ、それだけならば他にもいろいろな本を数えることができるが、この本で印象的なのは文章の美しさである。処世というものを、ことごとく花鳥風月になぞらえているあたりがスゴい。本来は陰惨な俗世間が、あたかもさわやかな事象であるように思える。

思想そのものよりもむしろ、卓越した文章(翻訳)のほうに魅力があるように思う。そういう意味で寝床のわきに置いておいて損はない。








未だ就職活動中なのに、ショルティのワーグナー・ボックスを買ってしもうた。
このなかで重複するのは「オランダ人」のみで、しかもLPなので買う値打ちはあると思った次第。

思えば、最初に買ったオペラのLPがショルティの「オランダ人」だった。30年以上前のことである。
今回、実に久々に聴いたが、おおまかな印象はLPの当時と同じか、それ以上によいと思った。

聴きどころは、なんといってもシカゴ響。ビンビンと伸びあがる金管、ピーンと締まった弦、粒だったティンパニ、そしてグシャっと潰れるドラ。
メタリックな響きが最高なのである。ショルティはシカゴ響とのオペラの録音は比較的少ないけれど、それがいささか惜しいと感じるほど、改めてシカゴ響のポテンシャルの高さを感じたのである。シカゴでワーグナーの再録音は「マイスタージンガー」(まだ聴いていないけど)だけだったが、もっとあればよかったのに。

歌手ではタルヴェラがいい。ドス黒い海の底のようなバスを聴かせてくれる。フットワークもある。

このショルティのワーグナー集、今後も大いに期待する。


ノーマン・ベイリー(バリトン:オランダ人)
ジャニス・マーティン(ソプラノ:ゼンタ)
ルネ・コロ(テノール:エリック)
マルッティ・タルヴェラ(バス:ダーラント)
アイソラ・ジョーンズ(メゾ・ソプラノ:マリー)
ヴェルナー・クレン(テノール:舵取り)、他
シカゴ交響合唱団


1976年、シカゴ、メディナ・テンプルでの録音。






PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー