忍者ブログ

ジュリアード弦楽四重奏団、ベートーヴェン"14番"

2016.08.20 - ベートーヴェン

ma



ジュリアード弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲14番を聴く(1982年、ワシントン、アメリカ合衆国国会図書館クーリッジ・ホールでのライヴ録音)。


この演奏は、同じディスクに収録されている12番よりも完成度が高いと思う。

ロバート・マンを始め、それぞれの奏者がじゅうぶんに押し出しを利かせているので、各楽器がほろほろとはっきり聴きとることができる。クロスニックのチェロの存在感が存外大きい。

1楽章は全体の序奏のような佇まいの音楽、それを彼らはしっとりと歌い上げる。
コミカルな味わいのある2楽章においても彼らのアンサンブルは堅牢。ホールの残響が少ないと、音程のほんの少しのズレが明確にあらわれてしまうものだが、まったくそのようなことはない。

3楽章は嵐の前のような雰囲気、強く描かれた点描画のような音楽。
4楽章のアンダンテはこの曲の中で最長の楽章、この演奏では14分半かけている。晩年のベートーヴェンの諦念。暗すぎず明るすぎず。ほんわかと豊かな心持ちは、健気でもある。そんな曲を、実にしみじみと味わわせてくれる、これは演奏。
5楽章は、この世でもっとも速い音楽のひとつ。本演奏は、5分27秒。嵐が駆け抜ける。

6楽章はアダージョ、間奏曲的な位置づけと考えられる。短いが、悲痛。
7楽章の第1主題は、ベートーヴェンが作った、おそらく最も堅苦しくてカッコいいメロディーだと思う。彼の音楽の、ひとつの集大成。真正面から毅然と立ちむかうジュリアードの演奏は、剛直。
 
 
ロバート・マン(第1ヴァイオリン)
アール・カーリス(第2ヴァイオリン)
サミュエル・ローズ(ヴィオラ)
ジョエル・クロスニック(チェロ)









ma
 
屋根の上のパーティ。








PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

ジュリアード - neoros2019

昨日から77年セッションのジュリアードを車中で流しっぱなしにしていました。相変わらずソースはモーツァルトでハイドンセットですけど輪郭が鋭利なジュリアードはひたすら鮮烈で心地良い気分に包まれました。
2016.08.20 Sat 20:07 [ Edit ]

いまハマッています。 - 管理人:芳野達司

neoros2019さん、こんにちは。
車中というと通勤でしょうか。ジュリアードのモーツァルトがBGMなんて贅沢ですね。羨ましいです。彼らの演奏スタイルは、おっしゃるように鋭利ですね。テクニックが凄い。これも見識なのだと思います。
2016.08.21 17:49
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー