忍者ブログ

ジュリアード弦楽四重奏団、ベートーヴェン"13番"

2016.09.05 - ベートーヴェン

ma



ジュリアード弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲13番を聴く(1982年、ワシントン、アメリカ合衆国国会図書館クーリッジ・ホールでのライヴ録音)。


「大フーガ」を抜きに13番を聴いてみる。

この曲の終楽章は、出版社や友人らの要望で「大フーガ」と差し替えられたもの。これは、彼の最後の作品と云われている。13番の作曲から1年あまり経てのものであるが、全曲を通して聴いて違和感はない。最後の作品だからといって悲壮感は薄く、むしろコミカルな味が漂っている。上機嫌なベートーヴェンである。それだけに、なんだか泣ける。
その前の、5楽章「カヴァティーナ」は、ベートーヴェンが作った最高の緩徐楽章のひとつ。これを聴けば、穏やかに成仏できそう。

さて、ジュリアードの演奏であるが、相変わらず冴えている。それはあたかも切れ味するどい日本刀、完璧さへの情熱は高く、迷いなし。
大フーガがなくても全6楽章を要する、複雑な大曲であるが、テクニックは前に聴いた12番や14番にも増して優れているように思う。

国立国会図書館は、録音するにはあまりいいロケーションとは思えないが、残響の少ないことは、聴いているうちに忘れる。


 
ロバート・マン(第1ヴァイオリン)
アール・カーリス(第2ヴァイオリン)
サミュエル・ローズ(ヴィオラ)
ジョエル・クロスニック(チェロ)

 











ma
 
屋根の上のパーティ。








PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

こんにちは… - rudolf2006

芳野さま こんにちは

ジュリアードの後期ベトベン
かなり進んで来ましたね…
ジュリアードは旧盤と新盤の2つの全集がありますが
あまり芸風が変わっているとは思いません
ロバート・マンは上手かったのでしょうね…
マンが主導するジュリアードの演奏会、一度は行っておきたかった気がします
きっと機会はあったと思うのですが… 
その機会を自分のものにできるかどうかは??
ミ(`w´彡)
2016.09.08 Thu 12:28 URL [ Edit ]

ジュリアード、いいです! - 管理人:芳野達司

rudolf2006さん、こんにちは。

ジュリアードの後期、あとは15、16のふたつだけになりました。
いま聴いているのは新盤なのですが、旧盤も同じようなスタイルなのですね。でもやっぱり、旧盤も聴きたいなあ~。
マンがいるジュリアードの演奏会は、もう望めませんが、たしかに行きたかったです!
2016.09.10 18:41
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー