忍者ブログ

クレンペラー、フランク "交響曲ニ短調"

2014.03.26 - フランク

so



クレンペラーのフランク「交響曲」を聴く。

これもまた先日のマッケラスのモーツァルトのように大きな期待を抱かないで聴いたのだが、素晴らしい。

クレンペラーの演奏をそう多くは聴いていないが、恰幅がよいわりに透明感のある演奏をする指揮者だと感じている。マーラーの2番、4番、「大地の歌」、ベートーヴェンの9番、ブルックナー、メンデルスゾーンなど。それらはいずれも(ニュー)フィルハーモニア管とのものだから、オケの特性も加味してのイメージだ。ウイーン・フィルを振ったベートーヴェンやシューベルトは、重厚と言ってもいいかもしれない。
このフランクでは、ニュー・フィルハーモニア管を振っているから、遅いけれども重くない演奏になっている。ヴァイオリンの対抗配置も効いているのだろう。

1楽章は、ゆったりたっぷり。左から聴こえてくるゴリゴリした低弦の音が頼もしい。管楽器は常時舞台の前面で踊る。特に、オーボエ、ファゴット、フルート、ホルンの響きは何かに確信をもったかのように力強く響きわたる。右から聴こえるヴァイオリンが瑞々しい。
副声部がとにかくよく聴こえるのだ。結果としてこの楽章は、今までこの曲に対して抱いていた、重くて暗いイメージとは、少し異なる演奏だ。

2楽章は、なんといってもコールアングレが主役。この演奏でも光っている。ただここでは、伴奏というか、周囲の音たちの存在感がむしろスゴい。冒頭からの弦楽器のピチカートから、ホルンのソロ、弱く抑えたトランペットのうねる響きの生き生きとしていること!
トリオでは弱音器を使用した幻想的なヴァイオリンが核となり、慌ただしくも愉悦の音響世界を醸し出す。

終楽章は勇壮で明るい。
やはりテンポはゆっくり目。じっくりと歌わせる。第1主題で、副声部のトランペットのスタッカートをこれだけ響かせた演奏は他にあるだろうか?
ラスト近くの、2楽章の回帰のファンファーレは輝かしい。これを聴いたら、どこまでも遠くへ行けそうだ。そのあとのハープの響きは、蕩けるように官能的。

全体を通して、楽譜を捲る音がちらほら聴こえる。生々しくて悪くない。



1966年2月、ロンドン、アビー・ロード・スタジオでの録音。








ma

海辺。









PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

クレンペラー - neoros2019

昔から宇野先生のクレンペラー番外推薦盤の一つでしたね
新世界、幻想、スコットランドと並んで
わたしは未聴です
幻想のCDの音が今一つだったのが、この演奏の購入に至らなかったと理由だったと思います
驚くことにフランクの交響曲ニ短調は昔フルヴェン盤のLPを所有していた時期もありましたが現在聴けるCDが無いのでかんがえています
2014.04.04 Fri 10:29 [ Edit ]

まだまだ聴いていないのです。 - 管理人:芳野達司

neoros2019さん、こんにちは。
クレンペラーの「新世界」、「幻想」はまだ聴いていません。ことに後者は興味あります。あと、マーラーやブルックナーも聴いていないディスクがいくつもあるので、いずれ、挑戦してみたいです。

フランクの交響曲は、私もフルヴェン盤のLPを持っています。
モントゥーがシカゴを指揮した録音はいいですよ。お気が向いたら聴いてみてください。
2014.04.05 18:48
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー