忍者ブログ

ジュリーニ、モーツァルト"協奏交響曲k.297"

2016.03.04 - モーツァルト

ma
 


ジュリーニ指揮ベルリン・フィルの演奏で、モーツァルトの管楽のための協奏交響曲k.297を聴く。


ハンスイェルク・シュレンベルガー(ob)
アロイス・ブラントホーファー(cl)
ノルベルト・ハウプトマン(hr)
ダニエーレ・ダミアーノ(fg)


録音当時ジュリーニは70代後半で、ベートーヴェンをやってもシューベルトを指揮しても、かなりテンポがゆっくりとしていた。このモーツァルトも例外ではないが、カップリングの交響曲39番ほどには遅さを感じさせない。ソリストを意識してのことかもしれない。
コクのある響きと優しい風のようなおおらかさがある。

管楽器を吹くのは、ベルリン・フィルのメンバー。ジュリーニのしなやかな棒に合わせて、とても自然に気持ちよく歌っている。テクニックは万全。

クラリネットを吹くブラントホーファーの響きは好きだ。まろやかで柔らかい音。胸にすっと沁み込んでいく。オーボエのシェレンベルガーはうまいが、ややとんがっている感じがする。まあ、その対比がいいのかもしれないが。
ハウプトマンのホルンとダミアーノのファゴットは、よくも悪くも現代の音。


1991年2月、ベルリン、ダーレム、イエス・キリスト教会での録音。





ma
 
コーヒーブレイク。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー